toukouid のすべての投稿

インフルエンザ発症間隔次第ウェイティングの間の興奮

そろそろ幼稚園バスが来るので、持ち家を出ようとした時に次男から、驚くべき事を聞きました。
いつも仲良しで遊んでいる男子が、前日やっと来たけどインフルエンザだったんだって、と。
だから前日はマスク付けてたよ、と言われました。
それを聞いて、もちろんもう治ったのでしょうが、感染していたタイミングにわがキッズにうつってるかもしれないと不安になりました。
前週の水曜日には、そのキッズを幼稚園で見かけたから発症したのが後々だとしたら、思い切り次男と潜伏スパンに密着して遊んでた事になります。
インフルエンザウイルスは次男のカラダに入ってる予想は高いです。
昨晩少し咳き込んでいた次男は、今朝意気ごみはないもののいつもよりほんの少しだけカラダが温かい思いがしました。
その時点では幼稚園に行かせない程のトラブルのない次男ですが、とりあえずボクはいつ呼び出されても行けるように支度しておこうと思いました。
今日は早めに、息子がインフルエンザになっても凌げるだけのショッピングを通じてこようと決めました。

アメリカの建前に対する今後の我が国への効果

師走に入りいよいよ歳末商戦が始まりました。お歳暮やクリスマスにかけ購買器量に旅立ちが要るご時世だ。米国では11月額のしめ金曜日を悪徳フライデーと呼び、その日を境にクリスマス商戦が始まり、多くの人が年間至高軍資金を潤沢扱うご時世になると言われています。日本でも今季から悪徳フライデーを採用したモールがあり、夜中にもかかわれず多くの人が店先に行列を作りました。デパートの売れ行きが伸び悩む内輪、こういう悪徳フライデーを機に国内も使用が増えて環境が上昇してくれればと期待する会話も多くきかれます。アメリカの大統領が政治チャレンジのまったくないヤツが選ばれ、米国ファーストでリードして行く米国が未来どんな形で環境正解や外交、貿易がなされていくのか世界中が注目しています。米国とゆかりがとても深い国内にとっても未来アメリカの取り去る信念によって、大きな影響があると考えられています。アジア諸国とのゆかりも踏まえ今後のアメリカの態度に眼がはなせられません。

あたいに似ていくのかな?後々最適んかな。

3年齢の小児、最近自身が怖いTV、例えばyoutubeなどで度々観たり、援助や警察官ドラマが大好きな自身。あまり観せないほうが良いのだろうけど、いつも隣席にいてるから、つい一緒に観て仕舞うんだよね。『女房怖いの眺めるの』と聞いて現れる。警察官ドラマとかは、怖いわけではないけど、何故か怖いやつに分かれてる。自身がいない時も、小児が寝室のTVのリモコンで、『あっこちら女房の好きな怖い商品』と言いながら、観てるんだって。これはパパから聞いたチャットなんだけどね。小児の中では、自身が好んで観てる物は洗い浚い怖いやつになってる的。最近では、ドクターXが怖い商品と言いながら観てる的。昔からドラマが大好きな自身。こういう年齢で、そんな真剣にドラマ観てる子って、いないんだろなと思いながら、いつも一緒に怖い商品ん観てる本日近年。もう少し大きくなったら、どこが怖いんだろと気づいて、観なくなっちゃうのか、自身みたいにお気に入りになっていくのかな